多々買いは数だよ兄者

置き場がない 置き場がない ホントのことさ

スーパーミニプラ パワーダグオン (勇者指令ダグオン2)

f:id:Agent89:20210619200441j:plain

俺の新しい力を受けてみろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. ファイヤーエン

f:id:Agent89:20210619181617j:plain

 大堂寺炎がダグテクターを纏い変身した姿。買ったことがないので分からないのですが、構造としてはSHODO等の等身大ヒーローの食玩フィギュアに近いのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619181628j:plain

塗装済みパーツが多用されており、シールが必要なのは胸のグリーン等ごく一部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619181646j:plain

バストアップ。頭部は塗装済みのためシール不要なのがありがたい。腰のダグオンマークのシールがないのが意外でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619181758j:plain

ファイヤーエンサイズに小型化したライオソードが付属。手首は武器持ち手、握り拳、開き手が両手分付属します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619181938j:plain

この手の食玩フィギュアは『仮面ライダーオーズ』放送当時にバースを買って以来なのですが、引き出し関節やロール軸も増え格段に動くようになりましたね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619182059j:plain

トライダグオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619182304j:plain

手首を外し、羽と鳥の頭部を交換することでファイヤーバード形態に変形。こちらの頭部も塗装済みです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619194618j:plain

ファイヤーバード用の羽を付けるとマントのようなシルエットに出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195002j:plain

オマケとして付属する融合合体再現用のファイヤーエン。第1弾のファイヤーストラトスの上に乗せます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619194759j:plain

印象的な演出なのでけっこう嬉しいオマケです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2+3. ファイヤーショベル

f:id:Agent89:20210619195032j:plain

昔はパワーショベルと信じて疑わなかったけれど、よくよく見ると妙な形のファイヤーショベル

ショベルアームのシリンダーの伸縮まで再現されていて驚きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195043j:plain

DX版同様頭部丸出しのリアビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195050j:plain

窓のシールは黒一色の物と内部メカが見える物の選択式

 

 

 

 

 

 

 

 

剛 力 合 体

f:id:Agent89:20210619195201j:plain

これまた合体再現用のダグファイヤーが付属。ショベルのブレード部に差し込むのでしっかりと固定されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195233j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195330j:plain

手首は腕を伸縮させる都合で収納が出来なくなったため、ファイヤーショベル時は胴体内部に収納する方式に変更されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195502j:plain

力強いBGMと共に内部メカが接続され、パワーダグオンが立ち上がっていく流れが大好きでした

腿の関節が複雑な構造なので、劇中通りの変形をさせるには事前に関節の渋みをしっかり調整しておく必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195915j:plain

ショベルアームに横ロールがあるお陰で合体直前のこのアングルに出来るのが凄い

腕組みしているダグファイヤーが付属すれば完璧でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619195951j:plain

合体用ダグファイヤーも付属。ファイヤーダグオンの時と違ってしっかり位置が決まります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200116j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剛力合体パワーダグオン

f:id:Agent89:20210619200223j:plain

巨大なショベルアームと太い手足で説得力抜群のパワーダグオン。グレート合体に制限があったため、劇中後半の主力でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200244j:plain

リアビュー。スーパーファイヤーダグオンの胸飾りを隠すためにカバーが取り付けられています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200316j:plain

バストアップ。頭部は額の星マーク以外は塗装済み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200406j:plain

頭部と手首を見栄え用の物に交換。手首は収納できないので小型のものを付ける意味がないのですが、そこは余剰なしの変形にこだわりたかったのでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200544j:plain

見栄え用頭部も額の星はシール。首関節の構造上取り付け軸が逃げるため、頭部の交換は手間がかかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200721j:plain

ショベルアームはDX版同様の関節に加え、横ロールと基部のスイングが追加されたので抜群の可動範囲を誇ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200823j:plain

DX版のCMで鉄柱を握りつぶしていたクローアームも付属。DX版同様にファイヤーショベル時にはつま先に取り付けておくことが可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619200916j:plain

必殺のドリルアーム。回転は出来ません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619201056j:plain

何故かスタンド穴がないので飾るのに苦戦します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619201402j:plain

共闘どころか逆に戦うことになるとは思いもしなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

超 火 炎 合 体

f:id:Agent89:20210608201504j:plain

オーバーラップ再現用に全裸の炎を付けてくれても良かったのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210608203208j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210608203430j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210608203616j:plain

バックパックを外すことで劇中同様にファイヤージャンボとドッキングが可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210608204029j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210608204805j:plain

超火炎合体は何から何まで異例尽くしの演出でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超火炎合体スーパーファイヤーダグオン

f:id:Agent89:20210619180455j:plain

劇中で3回しか出番がなかった禁断の超合体

DX版同様に腕の接続穴が目立ちますが、スーパーミニプラ版はパワーダグオンに踵が追加されたため、つま先も違和感のある形状になってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180527j:plain

パワーダグオンの胴体を支えるためのスタンドも付属しますが、今のところ自立に問題はありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180541j:plain

ファイヤーダグオンの踵のおさまりが悪かったり、パワーダグオンの腿を踵にしたり苦戦の後が覗える下駄パーツ

DX版同様にファイヤーラダーとファイヤーレスキューは脚に収納するよう指示されていますが、空洞に放り込むだけなので入れない方が良いでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180618j:plain

頭部はファイヤーダグオン変形用頭部にパワーダグオンの胸飾りを取り付けるのですが、写真を見れば分かるようにスカスカで全く固定されません

瞬着で少し太らせてはみたものの相変わらずスカスカなのでおそらく設計ミスでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180703j:plain

ファイヤーダグオンの見栄え用頭部ならしっかり固定されるのですが、こちらは耳が大きすぎて最後まで入りません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619174906j:plain

腕と頭部を見栄え用の物に交換し、つま先にカバーを追加。パワーダグオン肩のツメって超火炎合体すると色変わってたんですね…

見栄え用腕部の窓のシールも2種類付属しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619174934j:plain

見栄え用頭部は耳飾りが一体化しているため薄く、シャープな造形になっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619175046j:plain

ダグオンが束になっても敵わなかったゼルマーの光線を片手で受け止め…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619175325j:plain

スーパーメガ光波で瞬殺。BGMがなく不気味な戦闘シーンです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180213j:plain

戦闘終了後崩れ落ちたのも衝撃でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20210619180947j:plain

以上。関節が複雑なのでガシガシ遊べるかと聞かれると必ずしもそうではないのですが、合体とスタイルと可動を両立させたダグオンが手に入る機会はおそらく最初で最後なので、この機を逃さず買っておきましょう