多々買いは数だよ兄者

置き場がない 置き場がない ホントのことさ

MAFEX ダース・ベイダー (ローグ・ワン) とS.H.Figuarts ダース・ベイダー (ジェダイの復讐) の比較

f:id:Agent89:20191103131528j:plain

別々にレビューするのが面倒になりました
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MAFEX ダース・ベイダー (ローグ・ワン Ver.)

f:id:Agent89:20191103124131j:plain

2017年8月発売

定価5800円(税抜き)

シスの復讐』版に続き、3度目となる『ローグ・ワン』版はマスクや胸部等一部が新造されています。全体的に関節が緩く、設置性に難がある点は改善されていません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124205j:plain

 新造されたマスクパーツはレンズがクリアレッド成形なのが特徴

 通常版では胸鎧と一体化していたマントのチェーンは省略されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124314j:plain

MAFEX版の欠点として、パンツを股関節の前垂れとして処理しているため、おむつのように目立ってしまう点が挙げられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S.H.Figuarts ダース・ベイダー (ジェダイの復讐)

f:id:Agent89:20191103124359j:plain

2019年10月発売

定価6200円(税抜き)

こちらも都合3体目となるSHFダース・ベイダー。こちらは造形もサイズもいい加減だった初期版をリデコしてどうなるものではないと判断されたのか完全新規造形です

マントも布製になり、周回遅れながらようやくMAFEXに匹敵する完成度になったと言えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124422j:plain

こちらのレンズは塗装で再現されていますが、マントのチェーンはちゃんと金属チェーンで再現されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124524j:plain

 

f:id:Agent89:20191103124448j:plain

SHF版の欠点として、ライトセーバーを吊り下げるベルトが非可動のため、腰のマントにしっかりと痕が残ってしまう点が挙げられます(写真下の赤丸で囲った部分)

ライトセーバーを吊り下げた状態で梱包されているため、物によっては凹みどころか塗料が癒着している可能性も考えられます

また、両手首のスイング部が完全に癒着していてビクともしなかったのも減点。幸い両腕とも加熱して引きはがすことが出来ましたが、接着を疑うほどガッチリ固着していて頭に来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124745j:plain

頭部の比較。以降の写真はすべて右がSHF、左がMAFEXです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124622j:plain

 

f:id:Agent89:20191103124652j:plain

メットを外した状態で

どちらも後頭部までしっかり造形されていますが、SHFは額から頭頂部にかけての造形が一切されていないのが分かります。EP6名義なのにとんだ手抜きをしたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124925j:plain

マント無しで本体を比較

SHFの方が背が低い反面、手足が太くがっしりとした体形になっています

MAFEXはマントなしだと腹がベルトからはみ出して中年太りに見えるのが気になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103124946j:plain

腰のマントはどちらも軟質素材が使われていますが、MAFEXの方がより柔らかく3つに切られているため、下半身の自由度は高くなっています

SHFは関節がしっかりしている分MAFEXよりはるかに設置性は高いのですが、腰のマントの見た目を優先してしまったため、可動域はほぼゼロといういつものパターンに陥っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103125129j:plain

腕の可動域は意外にも両社拮抗しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103125454j:plain

続いてはオプション

MAFEXは腕組みさせられるグローブが付属していますが、写真のように胸鎧の端がめくれあがってしまうため長時間のディスプレイは厳禁

外伝名義のためか、通常版にあった切断された右手首と素顔パーツは削除されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103125510j:plain

SHFには素顔パーツと切断された右手首が付属しますが、どちらもパーツの着脱がとても固く、外すのに苦戦しているうちに別の個所が緩くなるいつものバンダイクオリティを発揮しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103125537j:plain

素顔パーツはSHFルーク(EP6)付属の物(写真右)とは異なり完全新規造形

雰囲気としては前の方が近いので残念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103131205j:plain

息子と並べたら親衛隊みたいになってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20191103130742j:plain

以上。同価格で造形面では一長一短と言ったところです。安定感ならSHF、遊びやすさではMAFEXに軍配が上がるので、気に入った方を買うと良いでしょう