多々買いは数だよ兄者

さよならはてなダイアリー、よろしくはてなブログ

ミニプラ騎士竜合体シリーズ03 キシリュウネプチューン&ディメボルケーノ

f:id:Agent89:20190723211444j:plain

スーパー合体の夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1+2+3.モサレックス

f:id:Agent89:20190723210205j:plain

第3弾は追加戦士:リュウソウゴールド専用ロボのキシリュウネプチューンと合体要員として第2弾のディメボルケーノが早くも再録

モサレックスは近年の例に漏れず、3種集めないとどうしようもないバラバラ死体なので相変わらずお子様には厳しいラインナップとなっております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723210217j:plain

ミニプラでも全長30センチ弱なのでかなり長い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723210321j:plain

合体の都合上、口は大きく開くことが出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.アンモナックルズ+合体パーツ

f:id:Agent89:20190723210413j:plain

今回一番割高なアソートがこちら。手足がちょっとだけ可動するリュウソウルも付属しますが、これでどうしろと

キシリュウオー用の平手も付属しますが、黒ランナーがあるのにわざわざ赤成形色になっているし、水増しするにしても他にいくらでもやりようはあっただろうに…と思わざるを得ません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723210447j:plain

より立体感の増したキシリュウオー頭部。顔面が塗装済みパーツなので凛々しさも増しているのですが、厚みが増したのでスーパー合体には使えないという欠点も手に入れてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723211055j:plain

口にリュウソウルを差し込み、アンモナックルズを取り付ける申し訳程度の合体要素

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キシリュウネプチューン

f:id:Agent89:20190723211229j:plain

ゴールド単独で使用する2号ロボのキシリュウネプチューン。今年は1号ロボもレッド単独なので、かつての勇者シリーズのような気がしなくもない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723211238j:plain

足首が前後左右の軸回転なので接地性・設置性は優秀です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723211304j:plain

やはり人相は悪い

モサレックス頭部の接続位置をずらすことで首の可動範囲を広げることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723211554j:plain

赤と青で色も対照的なので、キシリュウオーと並べると良い感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピノサンダー

f:id:Agent89:20190723210740j:plain

モサレックスとディメボルケーノ、ついでにアンモナックルズが合体して完成する合体騎士竜スピノサンダー

モササウルスのワニ口とディメトロドンの帆を組み合わせてスピノサウルスを作ってしまおうという狂気の産物

ロボ以外の合体形態なんて何年ぶりだろう…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723210750j:plain

この形態の最大の特徴として、『余剰パーツが出ない』という点が挙げられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギガントキシリュウオー

f:id:Agent89:20190723212016j:plain

ティラミーゴとモサレックス、ディメボルケーノが合体して完成する夏のスーパー合体。ネプチューンの手足をそのまま脚に着けているので下半身が不格好なのが特徴

モサレックスの下半身を凹凸ピンで左右分割する都合上、左右で足の長さが若干異なるため傾いてしまうのが残念無念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723212040j:plain

顔はディメボルケーノのパーツを使用。胸アーマーに接続されているので非可動なのが惜しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723212055j:plain

今回の新規造形頭部ではギガントの顔面に干渉してしまいますが、それ以外の頭部なら取り付けたままギガントの顔面を装着することが出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723212141j:plain

両手が恐竜の頭部という思い切った構成。首が回らないのがつくづく惜しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723212158j:plain

今回も当然のように余剰パーツが出ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190723212236j:plain

以上。余剰パーツの紛失にご注意ください