多々買いは数だよ兄者

さよならはてなダイアリー

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー

f:id:Agent89:20190331145118j:plain

まさかここまで続くとは思ってもみなかったシリーズ第1弾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャレオン

f:id:Agent89:20190331141945j:plain

あれよあれよと新作が出て、気付けばコンプリート間近のスーパーミニプラガオガイガーシリーズの第1弾だったガオガイガー。ギャレオンと3機のガオーマシンの4分割アソートで発売されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142050j:plain

特に言うことなしのギャレオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142116j:plain

頭部は何と上顎の牙まで色分けされていました。下の牙と鼻の頭を塗装しています

口は若干ですが開閉可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142211j:plain

人型ロボを寝かせて手足を曲げただけなので、ライオンっぽいポーズなんてものは期待できません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142255j:plain

フュージョンの際には頭と尻尾を付け替える必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイガー

f:id:Agent89:20190331142445j:plain

サイボーグ・ガイとフュージョンしたメカノイド・ガイガー。すらっとしています

頭の小ささも気にならない程度に抑えられているかと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142458j:plain

後頭部の髪の毛はシールで色分け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142511j:plain

尻尾は長くしたせいで褌に収納できなくなったため、分割して合体時のフロントアーマー裏に収納します。面倒くさいので余計なことをしてくれたと言いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142744j:plain

両目と額のGストーンは塗装済み。大きさが大きさなので顔の造形はお察し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142835j:plain

手首は見栄え重視の一回り大きな物も付属しています

両手とも平手も付属するためフュージョン後の決めポーズも再現可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331142942j:plain

ガイガークローは手首を外さないと妙な角度になるため実質使用不可

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライナーガオー

f:id:Agent89:20190331143027j:plain

パーツ数も少なく小さいためディバイディングドライバーとセット売りされているライナーガオー。屋根の青が塗装済みですがライトまで青一色で、左右の窓はシールのため合体するたび剥がれていきます。何気に運転席がクリアパーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステルスガオー

f:id:Agent89:20190331143148j:plain

勇者ロボには珍しいモチーフのステルスガオーは上面の赤いラインが塗装済み。こちらも操縦席がクリアパーツです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143202j:plain

底面にスタンド穴があるので浮かせて飾ることが可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143233j:plain

合体用パーツを介することでライナーガオーを懸架することが可能ですが、これまたライナーガオーのシールが剥げるのであまりお勧めは出来ません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143344j:plain

ガイガーとの合体も可能ですが、流石に重いため自立はしません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリルガオー

f:id:Agent89:20190331143416j:plain

以外とパーツ数が多かったドリルガオー。こちらも操縦席がクリアパーツです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143422j:plain

足首が大きくなったので不格好

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143558j:plain

ドリルガオーもガイガーとの合体が可能。腕のスリットにはめ込むためしっかり保持できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143637j:plain

持ち上げてもちゃんと保持できるガイガーの腕関節の硬さが嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331143804j:plain

ステルス・ドリルの同時装備。この状態だと前後で重量のバランスが取れるので安定して自立させられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナルフュージョン

f:id:Agent89:20190331144111j:plain

ファイナルフュージョン承認だ 今だ超人合体だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144213j:plain

キャタピラで脚を固定するアイデア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144249j:plain

シールが豪快に削れますが、劇中通りライナーガオーが貫通します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144337j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144432j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144446j:plain

手首はスライドさせ引き出したのちシャッターパーツを外します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144534j:plain

増量タテガミはそのままでも接続できますが、外してから付け直した方がストレスなく合体出来ます

頭部は頬の赤と目が塗装済みで、額のGストーンはクリアパーツです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144627j:plain

勇者王誕生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144725j:plain

あまり勇者ロボらしくない黒を主体としたカラーリングが特徴のガオガイガー。増量分のタテガミまで色分けされているため、ライナーガオーとギャレオンの顔以外色分けもほぼ完璧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144734j:plain

足首・爪先・踵がそれぞれ可動するので接地性も抜群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145715j:plain

後継機であるガオファイガーと並べて。こうしてみるとガオファイガーは随分と味気ないデザインです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331144938j:plain

ブロウクンマグナム

拳は見栄え重視の一回り大きな物も付属します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145549j:plain

プロテクトシェード用の平手は、確か第2弾のステルスガオーIIに付属していたものだったかと。初弾だけあって手首は最低限でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145154j:plain

脅威の色分けを誇ったディバイディングドライバー。でも先端はグレー一色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145233j:plain

合体用の小さな手首でないとドライバー内に収まりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145326j:plain

スーパーロボット超合金には当然及びませんが、元から動かしやすいデザイン・合体機構とは言え、変形合体するにしては十分すぎるほど動きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331150132j:plain

太ももが短いのでドリルニーはどうやってもカッコよくはなりません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145828j:plain

ヘルアンドヘブンは左右一体化した拳が付属します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331145839j:plain

両肘を曲げ、ギャレオンの頭上で組ませるとタテガミを外すことなく両手を組める親切設計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331150007j:plain

ゾンダーコアぶっこ抜き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190331150250j:plain

以上。お手軽に変形合体できる凄いヤツです