多々買いは数だよ兄者

さよならはてなダイアリー

figma401 比良坂 夜露

 

f:id:Agent89:20190512094343j:plain

主人公です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512103429j:plain

吾妻楓から半年ほど遅れて、比良坂 夜露(ひらさか よつゆ)がfigmaで発売

メガミデバイスの素体に対応した首ジョイント、メガミデバイスと共通規格のドレスギア、メガミデバイス付属のエフェクトパーツにも対応という、もういっそのことメガミデバイス枠で出せば良いのでは?と思うような仕様となっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512103449j:plain

お腹から下半身にかけての造形が素晴らしいと思います

 今回も2020年3月末までゲーム内で有効なプレゼントコードが付属

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512103540j:plain

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512103621j:plain

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512103719j:plain

表情パーツは左目線微笑み、正面目線叫び、笑顔の3種が付属。前髪パーツの差し込みが深いのか、しっかりハマるため付け外しに難儀します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512104139j:plain

引き出し式関節を採用した胴体から腰にかけてはメガミデバイスに負けず劣らずの可動範囲を誇りますが、関節が緩々の為、開封後すぐ関節の微調整をする羽目になりました。figmaもいつの間にか随分と品質が落ちたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512095944j:plain

 手足と後頭部を交換し専用ギア装着状態へ

下半身の関節を補強しないと脚の重さに耐えられません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512100010j:plain

足首が小さく、かつハイヒールなので自立は諦めましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512100039j:plain

バックパックはメガミデバイスと同じパーツ構成のアームユニットで接続されていますが、今回は特にギミックはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512100301j:plain

十字架型のライフルは薄く造形されているため、脇に抱えるポーズもさほど苦労はしません

武器はすべて塗装済みパーツをランナーから切り離し組み立てる方式なので、プラモ慣れしていない人は頑張りましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512100803j:plain

脚の兵装はカバーを付け替えることで展開を再現。例によって取り付け軸がキツいので調整必須です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512101158j:plain

頑張れば両手持ちできる両手剣。グリップが持ち手の穴より太いので長時間持たせておくと緩々になってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512102131j:plain

必殺技用と思しき双剣。両手剣よりグリップが細いため、両手剣で持ち手が広がった状態だと悲惨なことに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512101514j:plain

脹脛とバックパックにはメガミデバイス付属のバーニアエフェクトが取り付けらます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512101810j:plain

ライフルはともかく、両手剣は肩と手首関節の保持力が負けるので、名前の通り両手持ちさせた方が良いかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512100501j:plain

種ポーズは定番中の定番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512104615j:plain

前述のとおり、メガミデバイスと装備の交換が可能。ただし材質の関係で軸の太さがまちまちのため、取り付けには注意が必要です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512102437j:plain

メガミデバイスの楓と並べて。メインカラーが白と黒なので見た目の相性も良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Agent89:20190512110630j:plain

以上。いつものfigmaクオリティでお値段1万円弱なので、軽い気持ちでは買えませんね